酵素飲料を飲むと花粉症は改善します

春先になると、花粉の状態が気にかかる人も多いでしょう。
なかには家を閉めきって、空気清浄機を何台も使用し、必死の思いで防御に努めている人もいます。
テレビや雑誌でも、その時期になると「花粉症には○○が効く」などのテーマが毎年のように特集されます。
しかし、いろいろと試してみても結局は効かなかったという人のほうが多いのが現実ではないでしょうか。

医者や薬局が花粉症に対してすすめるのは一般的に「抗ヒスタミン剤」が多いのですが、この薬は、効力はその場限りのもので、体質そのものを治すわけではありません。
強い眠気をもよおすといった副作用もあり、クルマを運転する方には不向きです。
では、花粉症などのアレルギー症状の成り立ちから説明しましょう。

  1. 抗原(たとえば花粉症の場合ならスギ花粉)が、人の体内に侵入
  2. マクロファージが抗原を食べると同時に、Bリンパ球に指令を送る
  3. Bリンパ球がIgE抗体をつくる
  4. IgE抗体が皮膚、粘膜のマスト細胞に付着する。このとき、アレルギー体質のある人は、IgE抗体が過剰に生産される
  5. ①と同じように、抗原がふたたび体内に侵入する
  6. マスト細胞に付着したIgE抗体は、すばやく抗原の侵入をキャッチして、抗原にはり付いていく
  7. マスト細胞の中身が飛び出す。これがケミカルメディエーター(化学伝達物質)と呼ばれるもの
  8. アレルギー症状が出現

専門的すぎて少しわかりにくいかもしれませんが、ようは抗原(スギ花粉など)が侵入することによってIgE抗体が大量に生産されて暴走することから、アレルギー症状を引き起こしてしまうわけです。

スギ花粉などの抗体は、そもそもグロプリンというタンパク質でできています。
このグロプリンに対する過剰反応としてIgE抗体が過剰に生産されることで、花粉症やアレルギーが発症するわけです。

もう少し専門的にいえば、IgE抗体は、通常ヘルパーT細胞とサプレッサーT細胞によって生産が調整されています。
アレルギー体質の人は、この抑制機能が弱く、わずかな刺激で大量の抗体が生産されるとも考えられています。
アレルギー症状の原因が、IgE抗体という免疫タンパクの過剰生産、へルパーT細胞、サプレッサーT細胞、ふたつの抑制タンパクの弱さだとわかれば、これを解消することで、花粉症などアレルギーは治せるのです。

そこで酵素を使って行われる処方が「タンパク質分解酵素」であるプロテアーゼの投与です。
軽度の症状の人ならば、タンパク質分解酵素を多く含んだ、ダイコンおろし、レンコンおろし、ショウガおろし、または酵素飲料を毎日摂取するという、食生活の改善でもよいでしょう。

ひとつ例をあげると、鼻水、くしゃみ連発、眼の充血などひどい症状の48歳の女性がいました。
そこで、プロテアーゼ4カプセルを彼女に飲んでもらい、毎日の食生活の改善とプロテアーゼの服用をしてもらいました。
その後、彼女からの連絡で「まったく花粉症の症状が出なくなった」ことを聞きました。
3年がたとうとする現在も、それは続いているそうです。

コメントを残す

このページの先頭へ