酵素飲料を飲むとアトピーは改善します

近年、アレルギー症状のほとんどは、「腸管透過性亢進」に原因があるとする学者が欧米を中心に増えてきたそうです。
「腸管透過性亢進」とは、体内でささいな炎症がくり返されることにより、通常、分子レベルにまで切り離された栄養素しか吸収できない小腸が、比較的大ざっぱに切り離されただけの栄養素も吸収してしまうようになること。
たとえば、100以上もアミノ酸が連なったままのタンパク質も吸収されてしまうということです。

この腸管透過性亢進を起こす原因としてわかっているものは、「ショ糖(白砂糖)の摂りすぎ」「高タンパク食」「化学薬剤」 「喫煙」「アルコールの摂りすぎ」などです。

血液中にふだん存在しないものが入りこむと、通常、抗体がそれを包みこんでしまいます。
同じように、小腸が吸収して血液の中に入り込んでしまった連なったままの栄養素も、血液中には本来、存在しないものです。
このとき人体を守るために働いた抗体の影響でアレルギー症状が出てしまうというのが、「腸管透過性亢進」が原因という考え方です。
私もこの考え方は正しいと思っています。

ぜんそく、鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎など、いずれのアレルギー症状も、この「腸管透過性亢進」が原因ならば、この考え方をもとにして治療を施せばよいわけです。
ですから私は、アレルギー症状のある方には、腸管の透過性をなくすように食事の改善と酵素飲料の利用を勧めています。
アトピー性皮膚炎もぜんそくと同様、塗り薬の効果は塗ったときの一時的なものにすぎません。
その根本原因はすべて腸、さらにいえば「消化」にあります。
正しい食事内容と酵素飲料を使えば、時間はかかるかもしれませんが快方に向かっていきます。
気になる方は、まず、食事だけでも改善してみてください。
それだけでも、症状がよい方向に向かうはずです。

コメントを残す

このページの先頭へ