「糖尿病」は、酵素飲料で改善を図る

「ひとたび糖尿病という診断をくだされると、なかなか完治はむずかしい・・・」と一般によくいわれます。
しかし、つぎのようなメニューで、食生活、生活習慣を改善すれば、完治の可能性は十分にあります。
事実、様々なクリニックで、多くの糖尿病患者さんの健康状態が改善されています。

  1. まず、ファスティング(半断食)を5~10日実践する
  2. ファスティングを終え、普通食にもどす際も、朝は生野菜のサラダのみ、昼もきわめて少量の食事にする
  3. 摂取カロリーを1日1400~1500キロカロリーに抑える
  4. 朝、昼、晩の三食ともに野菜、海藻、豆、ゴマ、イモ、シイタケなど繊維質の多い食事にする
  5. 黒酢10ミリリットルと、おろしショウガにお湯150ミリリットルを加えたものを毎食後に飲む
  6. 1日90分以上のウォーキングをする
  7. 1日1回足湯、または半身浴をおこなう
  8. 週1回、または2週間に1回程度、サウナ、岩盤浴などで汗を流す
  9. 午後11時までには就寝、毎日七~八時間の睡眠をとるように努める
  10. 間食は禁止。食べるとしたら、キュウリ、セロリ、トマト、キャベツ、サニーレタスから一種類を生のまま食べる
  11. 肉、魚、卵の量を極力控える。肉、魚は各々一週間で150グラム未満、卵は一週間に三個未満とし、肉を食べる日は魚は食べない。一回の量は50グラム以下で、夕食時のみ食べる
  12. 甘い菓子、菓子パン、砂糖の入った食品は絶対に摂らないようにする
  13. 煮干し、ジャコ、カツオダシ、ラーメン、スパゲティ、うどん、そうめんや外食は避ける
  14. 定期的なファスティングを実行する
  15. 胃、腸ほかで血糖抑制効果の高い酵素飲料(スリランカ産コタラヒム入りなど)を飲用する
  16. 当然、禁酒禁煙、化学薬剤禁止
  17. このような方法で、治療が行われているそうです。

    なぜ、このような面倒くさいことをしなくてはならないのか、インスリンを打ったり、薬を使用すればよいのではないか、と思う方も多いことでしょう。
    しかし、インスリンホルモン注射や、薬のみの治療では、細胞のレベルはいつまでたっても向上しません。
    さらに悪循環を呼び、余病につながる恐れも出てきます。

    家庭でも実践できるこの方法をぜひ試してみてください。
    きっと、身体を健康な状態にもどしてくれるはずです。

コメントを残す

このページの先頭へ