「二日酔い、悪酔い」防止には酵素が最適

仕事では打ち合わせと称する飲み会や上司からの誘い、プライベートでは友人との合コンやカラオケ大会など、成人を過ぎるとお酒を飲む機会も数多くあります。
昔から「酒は百薬の長」などといいますが、これはあくまでも適量の場合です。
やはり、飲みすぎは身体によくありません。

お酒が身体に与える悪影響の最たるものは、飲むことによって体内に生成されるアセトアルデヒドです。
この物質は強い毒性を有し、身体を駆けめぐることによって、肝臓障害や脳障害の原因にもなります。
長年の暴飲が原因で、まだ中年といった早い時期から認知症になる人も珍しいことではありません。

身体のなかには、アセトアルデヒドを分解し、無毒なものに変えてしまう「アセトアルデヒド脱水素酵素2」と呼ばれる酵素があります。
同じ量のお酒を飲んでも、すぐに酔ってしまう人と、なかなか酔わない人がいますが、もともとから「アセトアルデヒド脱水素酵素2」を大量にもっている人は酔いにくく、少量しかもっていない人は酔いやすく、さらに二日酔いにも陥りやすいのです。

先天的に、日本人はこの酵素を大量にもっている人が少ない人種だといわれています。
データによると、まったくもち合わせていない、あるいは、ごくごく少量しかもっていないという人が日本人全体の四割にもなるといいます。
残りの六割ですら、大量にもっているわけではありません。
いっぽう、欧米人は逆に先天的に大量の「アセトアルデヒド脱水素酵素2」をもっているとされています。

体質的にもともとお酒に弱い日本人が、二日酔いや悪酔いを予防する方法は、当然のごとく、量を飲まないようにすることです。
また、お酒を飲んでいる席でできる悪酔い防止策としては、

  • 酒と同じ量の生水をつねに飲む
  • ショウガ入りの大根おろしをつまみとしてたくさん食べる

といったものがありますが、タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)を中心とした酵素飲料を、大量に服用することが、悪酔い解消、二日酔い解消のもっとも近道です。
これらは、アセトアルデヒドを急速に分解してくれます。

私も友人や、仕事を通じて飲む機会が多々ありますが、そのとき「お酒を飲んだら、良質の酵素飲料を飲もう」を合言葉にしています。
それほど効果的なのです。

コメントを残す

このページの先頭へ