酵素飲料 添加物の含有量でランキング

酵素飲料には酵素の原料となる野菜エキスなど以外にも添加物が加えられています。
でも、酵素飲料を飲むのであれば、出来るだけ余計な添加物が無い方が安全かつ酵素の働きも活発になります。
そこで当サイトでは、ご紹介している酵素飲料を加えられている添加物の量によってランキング付けしてご紹介します。

  • 優光泉PREMIUM

    優光泉プレミアム

    優光泉プレミアムがランキング1位の理由

    酵素原料以外の添加物が一切入っていないことから、堂々の添加物ランキング1位となりました。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • ベジライフ酵素液

    ベジライフ酵素液

    ベジライフ酵素液がランキング2位の理由

    酵素原料以外の添加物が保存料である安息香酸ナトリウムと酸味料のリンゴ酸だけということで、添加物ランキングの2位に選ばれました。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • 酵水素328選

    酵水素328選

    酵水素328選がランキング3位の理由

    酵素原料以外の添加物が保存料である安息香酸ナトリウムと酸味料のリンゴ酸に加えてクエン酸があるということで、添加物ランキングは惜しくも3位となりました。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • お嬢様酵素

    お嬢様酵素

    お嬢様酵素がランキング4位の理由

    酵素原料以外の添加物が保存料である安息香酸ナトリウムやクエン酸以外に、香料や増粘安定剤としてのペクチン、甘味料のスクラロース・ネオテームが入っていたため、添加物ランキングでは4位とさせていただきます。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • ベルタ酵素ドリンク

    ベルタ酵素ドリンク

    ベルタ酵素ドリンクがランキング5位の理由

    酵素原料以外の添加物が果糖ブドウ糖液糖、イアソマルトオリゴ糖、水溶性食物繊維、植物発光抽出物、エリスリトール、リンゴ果汁、クエン酸、増粘剤、ユッカ抽出物、香料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル)と多かったので、添加物ランキングでは5位とさせていただきます。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

食品添加物について

食品添加物について、厚生労働省では「保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもの」としています。
また、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物を除き、食品添加物は、厚生労働大臣が指定したものだけしか使用できず、純度や成分、使用できる量などの基準が定められています。

つまり、酵素飲料やその他の食品に入っている食品添加物は、厚生労働省にて食べても安全ですと認められたものが、認められた量だけ入っていることになります。
しかしながら、使用量の決定時に想定されていた以上にその食品を食べていたり、想定外の健康被害が起こりうる場合があるなど、100%安全が保障されているわけではないということも覚えておきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ