酵素飲料 原材料の数ランキング

酵素飲料もかなり知名度も上がって数多くの種類の酵素飲料が発売されるようになりました。
そうなってくると、どの酵素飲料が自分に合っているのか選ぶのも一苦労してしまいますよね
そこで当サイトでは、いろいろな視点で酵素飲料をランキング付けしていきますが、今回は原材料の数ランキングを紹介します。

  • 酵水素328選

    酵水素328選

    酵水素328選がランキング1位の理由

    使用されている原材料の数が328種類とダントツに多く、堂々の原材料の数ランキング1位です。
    使われている原材料が多いということは、含まれる酵素の種類も豊富になりますので、酵素の持つ様々な効果を期待できます。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • ベルタ酵素ドリンク

    ベルタ酵素ドリンク

    ベルタ酵素ドリンクがランキング2位の理由

    使用されている原材料の数が165種類と2番目に多いので、原材料の数ランキングの2位となりました。
    さらに定期購入時に付いてくる酵素サプリメントは508種類の原材料から作られているので、さらに多種多様な酵素を摂ることが出来ます。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • ベジライフ酵素液

    ベジライフ酵素液

    ベジライフ酵素液がランキング3位の理由

    使用されている原材料の数は90種類と、4位のお嬢様酵素を僅かに上回って、原材料の数ランキング3位に滑り込みました。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • お嬢様酵素

    お嬢様酵素

    お嬢様酵素がランキング4位の理由

    使用されている原材料の数が86種類とわずかに3位のベジライフ酵素液に届かず、原材料の数ランキング4位となってしまいました。
    ただし、そのうち64種類は野草を使っているので、他とは違う効果を期待できるかもしれません。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

  • 優光泉PREMIUM

    優光泉プレミアム

    優光泉プレミアムがランキング5位の理由

    使用されている原材料の数が60種類と一番少なかったので、惜しくも素材の数ランキングは5位となってしまいました。
    ただし、使用している原材料はすべて国産なので、国産原料にこだわりたい方にはこちらがお勧めです。
    おすすめ度

    公式サイトはコチラ

原材料の数について

酵素飲料に置いて、原材料の数が多くなるということは、それだけ多くの種類の食物酵素を摂取できるということになります。
なぜなら、植物はそれぞれ自分の中で作り出せる酵素の種類が違うからです。
しかしながら、「原材料の数が多い」=「酵素の種類が多い」ということが、酵素飲料の質が良いということには必ずしも繋がらないということもわかっておきましょう。

各メーカーは酵素飲料を作るとき、どの野菜やフルーツ、野草などを配合すると最も人にとって有用な酵素飲料になるかということを考え、研究し、酵素飲料を製造・販売しています。
単純に種類を増やせばいいということではなく、各メーカーに置いて「これがべストの組み合わせ」という数の種類の原材料が使われています。
酵素飲料を飲む目的はダイエットや健康維持など人それぞれだと思いますが、どれくらいの原材料の数の酵素飲料が自分の目的に合っているのか、当サイトのランキング等を参考に選んでみて下さいね。

コメントを残す

このページの先頭へ