食事をとるのにベストな時間帯

PM12:00~20:00までの時間は「ナチュラル・ハイジーン」という健康理論では栄養補給と消化の時間にあたります。
つまり、正午を過ぎてから消化能力が上がるわけですが、昼前にお腹が空いてくるのは、朝起きてから少しづつ臓器の働きが良くなって、胃腸が目覚めたサインでもあるわけですね。

消化酵素が活発に動き出す時間なわけですから、食事を摂るならこの時間帯がベストと言えます。
口から入ってきた食物をよく消化し、栄養素もしっかり吸収できます。
炭水化物やたんぱく質は正午を回ってから摂るようにし、夕食も20時までには済ませておくことがポイントとなります。

昼食にはこんなメニュー

お昼ご飯をコンビニで済ませてしまうという方も多いと思うのですが、そんな時はカップのお蕎麦とサラダというような酵素を意識したヘルシーなメニューがおススメです。
これにパイナップルなどのフルーツをプラスするとなおいいのですが、このフルーツを最初に食べると、さらに酵素を多く取り入れることができますよ。

昼食をヘルシーにすると、15時ごろにお腹が空いちゃうっていう方も多いと思うのですが、そんなときはバナナやくるみ、アーモンドやドライフルーツなどをおやつに食べるようにしましょう。

夕食にはこんなメニュー

夕食を食べるなら、18時から20時の間に済ませるのがいいでしょう。
雑穀ごはん、大根おろしを添えた焼き魚、パプリカとキュウリのピクルス、茄子とオクラの納豆キムチ和えなんて、酵素もボリュームも満点で理想的な夕食と言えるのではないでしょうか。
白ワインを1杯だけ飲んで、いい気分で就寝に向かう準備も万端です。

コメントを残す

このページの先頭へ