酵素食材はこうして食べよう

酵素を摂ろうと考えている方は、生野菜をたくさん食べようとすると思いますが、それだけでは飽きてしまいますし、ほかの栄養素が足りなくなる恐れもあります。
野菜によっては、加熱調理によって栄養価が上がったり、吸収率が上がったりしますし、食物繊維もたくさん摂れるようになりますので、生食と加熱食をバランスよく取り入れることが大事です。

生食と加熱食の比率は5:5か6:4くらいがいいでしょう。
肉を食べるなら1週間に100~200g、魚なら200~300g、タマゴは3~4個を目安にして、1日の中で動物性たんぱく質が重ならないように注意しましょう。

生食以外のおススメメニュー

野菜の煮物&炒め物
野菜によっては、煮る・炒めることで栄養素の吸収率がアップします。
海藻類
ミネラルが豊富な海藻類は、サッと湯通しして、酢の物などにしましょう。
イモ・豆類
イモはそのまま蒸したり、茹でてサラダにしましょう。豆類も茹でてサラダにするのがいいでしょう。
茹で野菜のごま和え
葉野菜などは茹でることでカサが減り、たくさん食べることができます。
茹で肉&魚介
さっと火を通す程度にしましょう。しゃぶしゃぶにして食べるのもいいでしょう。
雑穀・ライ麦・そば
主食は白米よりも雑穀ごはん・ライ麦パン・そばがおススメです。

食べる順番は、これを守ろう

  1. まずは酵素たっぷりの果物を、そのあとに生野菜を食べましょう。
  2. 次に食べるのは酵素・乳酸菌が摂れる酢の物や発酵食品がいいでしょう。
  3. 海藻類やキノコ類、豆類、根菜類といった食物繊維たっぷりのおかずを選びましょう。
  4. 主食には蕎麦や雑穀ごはんがおすすめです。白米やパスタなら量を控えめにしましょう。
  5. 肉や魚などの動物性たんぱく質は一番消化に時間がかかるので、酵素を取り入れた一番最後に食べましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ