酵素食材の調理法

酵素がたくさん含まれている生野菜や果物は、48℃以上の加熱で酵素が死滅するため、調理法の基本は「生」となります。
生野菜たっぷりのサラダ、塩もみをして和えるなどの調理のほか、すりおろす、酢漬けもおススメです。
すりおろすと生野菜、果物の細胞膜がやぶれ、中の酵素が数倍にも増加し、酢漬けは酵素を活性化させる働きがあるので、1日1食取り入れてみるといいでしょう。

覚えておきたい、酵素イキイキ調理法

ジューサーで生絞り
低速圧搾ジューサーで搾った野菜や果物は生きた酵素の宝庫。
バナナやアボカドなどやわらかい果物はミキサーでスムージー風に。
切って調味料、ドレッシングで和える
生野菜や果物を食べやすい大きさに切って、調味料やドレッシングで和えて。
調味料にごま油や練りごまなどを加えてコクをプラスしましょう。
おろし器ですりおろす
酵素や栄養素は皮付近に多く含まれているので、皮ごとすりおろすのがおすすめ。
おろし器は金属製のものが一番です。

身体に良い調味料

しょうゆ
昔ながらの長期熟成製法のもの、非加熱の生醤油もおすすめ。
α-リノレン酸が豊富なフラックスオイル、エゴマ油、シソ油を使いましょう。
甘味
蜂蜜やメープルシロップ、羅漢果シロップなど天然の甘味を使いましょう。
科学的に精製された精製塩よりも、自然海塩、岩塩がおススメです。
みそ
みそを選ぶなら、酵素が生きている非加熱の生みそを選んで下さい。
ごま
炒りごまよりも、酵素の生きている洗いごまを選ぶのがコツ。

コメントを残す

このページの先頭へ