酵素にとって「マグネシウム」は大切なサポート役

酵素が体内で活動するとき、すべて単体で動くかといえば、そうでない場合もあります。
「補佐する仲間を必要とする酵素」などがそうです。
例えば、酵素の補佐的栄養素のひとつにマグネシウムがあります。
前章でも登場したマグネシウムですが、この栄養素は酵素とは切っても切れない関係です。

「酵素」 が大量に消費されてしまう悪い食生活の例として「白砂糖を使った甘いもの」 「加熱調理した食事」「肉、魚、卵の過剰摂取」「酸化した油」「喫煙」「アルコールの多飲」「過度のストレス」 などをあげました。
こんな状況が続くときには、酵素の浪費だけでなく、同時に細胞内のマグネシウムなどのミネラルも減少しています。
マグネシウムは酵素にとって最良の補助役です。
酵素といっしょになって「消化、代謝」を助げます。

乱れた食生活によってマグネシウムが過剰に消費されると、体内では奇妙な現象が起こります。
細胞内でマグネシウムが減ったところに、外部からカルシウムが入りこんでしまうのです。
細胞内に許容範囲を超えた量のカルシウムが存在していると、細胞は異常に緊張し、けいれんや収縮を起こしてしまいます。

では、細胞内で起こった異常は、人の身体にどんな影響を及ぽすのでしょうか。
筋肉は筋肉痛、肩こり、関節炎、心臓は狭心症、不整脈、子宮では生理不順、内膜症、気管支では気管支炎、ぜんそく、動脈では高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、神経では学習能力の低下、偏頭痛、病気では糖尿病などといった症状を引き起こす可能性が高くなります。
これらは体内の「潜在酵素」とともに、マグネシウムが激減したことによる弊害です。

もちろんカルシウムも重要なミネラルです。
戦後のころの日本では「人間の身体の基本はカルシウム。カルシウムを摂れば骨が丈夫になる」といわれていました。
ところが、ミネラルの研究が進んだ近年になって「マグネシウムがカルシウムと同量、もしくはそれ以上体内に存在しなければ骨をつくることができない」ことが明らかになったのです。

マグネシウムは、そのほとんどが細胞内に存在し、いっぽうのカルシウムはその大半が細胞外に存在します。
これが正常な状態なのですが、酵素の大量消費にともなって細胞内のマグネシウムの需要が高くなると、カルシウムが細胞内に入りこむという逆転現象が起きてしまうわけです。
つまり、マグネシウムが細胞内で欠乏してしまう原因のほとんどは、食生活の乱れによる酵素の過剰浪費がかかわっているわけです。

マグネシウム摂取の重要性が強く叫ばれるようになったのは、つい近年のアメリカからです。
マグネシウムは、主に、ワカメ、コンブ、モズクなど海藻類から大量に摂取することができます。
そのほかに玄米、ヒエ、アワ、キビ、といった穀物、さらにはアーモンド、へイゼルナッツといったナッツ類からも摂取することができますが、ナッツの場合、油分が多いことと、すでに酸化してしまっている恐れもあるので気をつける必要があります。
とくに、ナッツ類をミルで挽き、ペースト状にしたものは、絶対的な酸化物となってしまいますので気をつけてください。

ふだんの生活のなかで意識して食べるなら、海藻類と雑穀です。
ちなみに、私が食事メニューに導入しているブラックジンガー(玄米の微粉末。お茶のようにして飲む)にも大量のマグネシウムが含まれています。
ブラックジンガーというのは、じつにすぐれた食品です。
本来なら玄米を粉化するとすべて酸化してしまいますが、遠赤熔煎という方法で酸化させずに粉化させることに成功したのです。

ですから、元来玄米のもつ薬理的な効果も十分にありますし(粉化によって倍増します)、マグネシウムも豊富です(同様の製品として、GABA200があります)。

また、カルシウム、マグネシウムと並んで身体に欠かせない栄養素が亜鉛です。
亜鉛が不足するとタンパク質の合成がうまくいかず、細胞分裂が正常におこなえなくなります。
その結果、脱毛、皮膚や爪の異常、キズが治りにくい、味覚異常といった症状がでます。
代謝酵素を補助して、タンパク質の合成、細胞分裂を正常に作動させるのが亜鉛の役目というわけです。

亜鉛の必要量は、一日に15ミリグラムとされています。
成人はもちろんのこと、とくに幼児の発育には欠かせない存在です。
亜鉛が多く含まれている食品は、カキ、ノリ、煎りゴマ、豚レバー、パルメザンチーズ、カシューナッツ、ココア、抹茶、緑茶などです。
食物酵素が生きたまま摂れる生野菜や果物も重要ですが、他の栄養素が含まれる食品を摂取することも健康、長寿のためには重要なことです。

コメントを残す

このページの先頭へ