夜は食べずにしっかり寝ましょう

PM20:00~AM4:00までの時間は「ナチュラル・ハイジーン」という健康理論では「吸収と代謝の時間」の時間にあたります。
12:00~20:00の栄養補給と消化の時間に食べた食べ物をもとに、体内で新陳代謝が行われ、全身に栄養素と酵素が行きわたります。
古くなった細胞を作り替えたり、新しい酵素を産生している時間です。
だからこそ、20時を過ぎたら食べないのが理想。
もし、仕事などで帰宅が遅くなり、どうしても夕食が20時を超えてしまう場合は、帰り次第夕食を摂るようにしてください。
そして、いつもよりも多めに酵素たっぷりの生野菜サラダを先に食べることが大切になります。

そして、ここで大切になってくるのが「良質な睡眠」です。
良質な睡眠が、夜中の代謝と免疫力を上げるカギになるので、早ければ22時には寝て、朝5時に起きる生活にシフトして行きましょう。
体のリズムも整います。
帰宅が遅くなっても夜は0時までには寝て、7~8時間は寝るように努めてください。

吸収と代謝の時間に夜食は深酒をすると、消化不良を起こし、代謝と免疫力が下がる原因になってしまいます。
寝る3時間前には食事を終わらせてください。

コメントを残す

このページの先頭へ