酵素を無駄遣いしないライフスタイル

酵素飲料を飲むようにしたり、酵素をたくさん摂取するために生野菜を多く食べるようにしたり、酵素の摂取を意識した食生活を送る人が増えてきています。
酵素を摂ろうと思ったきっかけは人それぞれで、体調だったり、ダイエットだったりするかと思いますが、酵素を摂るようになって体調が良くなったり、ダイエット出来たりしましたか?
もし、酵素を摂る前と全然変わらないようでしたら、酵素を無駄遣いしちゃう生活を送っているのかもしれません。
酵素パワーの恩恵に与るには、酵素をしっかり摂ることと、酵素を無駄遣いせず、必要なところでしっかり働いてもらうことの両方が大切です。
以下に、酵素を無駄使いしてしまう生活習慣などをご紹介しますので、酵素を摂っても効果を実感できないという方は、一度自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

酵素を無駄使いしてしまう生活習慣としては、

  • 喫煙・飲酒
  • 暴飲暴食
  • ストレス

が挙げられます。
それぞれについてもう少し詳しくお話していきますが、その前に酵素の働きについておさらいです。

酵素には消化酵素と代謝酵素の二種類があります。
消化酵素はその名の通り食べた物を消化吸収するのをサポートするのがお仕事、代謝酵素は栄養を細胞に送りとどけ、新陳代謝を活性化させるのがお仕事です。

もし、あなたが通常の食事や酵素飲料以外にお酒を飲んだりタバコを吸ったりしていると、アルコールの分解などにも酵素が必要となり、通常よりも酵素が大量に必要になります。
そのため、せっかく摂取した酵素がどんどん使われてしまい、代謝に回す酵素が不足してしまいます。
しかも、お酒によって胃腸が荒れてしまい体内での酵素の生成を妨げてしまったり、タバコによって血行が悪くなり酵素が体内各所に届くのが滞ったりしてしまうという悪影響もあります。
お酒もたばこもほどほどにしておかないと、酵素飲料をいくら飲んでも酵素が足りないということになりかねませんので、気をつけましょう。

また、酵素を摂ろうと思ってたくさん食べるのも考え物です。
結局食べたものを消化することに酵素が使われてしまうため、代謝に酵素に回らなくなってしまうのです。
酵素が摂りたくて撮りたくてしょうがないときは、酵素飲料で補ってあげると、消化に酵素が使われすぎることが無いので、おススメです。

最後にストレスですが、普段仕事などでストレスをためやすい方は、体がストレスを何とかしようと酵素を使ってしまうため、注意が必要です。
ストレスが様々な体調への悪影響を及ぼすことは皆さんご存知かと思いますが、体はその悪影響をなんとか抑えようと酵素を使ってなんとか代謝しようと試みるんですね。
そのためストレスが多くなってくると、脳へまわす酵素が足りなくなり疲れやすくなります。
体調を良くしようと思って酵素飲料を飲んでも、一向に体調が良くならないという方はストレスも疑ってみて下さい。
もし思い当たる節がありましたら、運動などでストレスを発散するという習慣を身につけて、酵素の無駄遣いをしないようにしましょうね。

コメントを残す

このページの先頭へ