甘酒は日本の伝統的な酵素飲料

甘酒というと、現在では正月に参拝客に甘酒を振る舞ったりするので冬の飲み物というイメージですが、もともとは江戸時代に夏の定番ドリンクとして飲まれていました。
当時は「甘い・甘い・あ〜ま〜ざ〜け〜」などの文句で行商が売り歩き、俳句において甘酒が夏の季語となっているそうです。
当時あまりにも人気があったため、幕府が価格統制を敷いて値段の高騰を抑えたという逸話もあるほど、庶民に親しまれた飲み物だったんですね。
甘酒は米と米麹だけで作られますが、“飲む点滴”“お米のヨーグルト”と称されるほど、天然のビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、さらにシステイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれていて、麹菌由来の酵素の働きによって、体内にその栄養素が消化・吸収されやすくなっているのが特徴です。
そのため、夏バテの対策などの栄養補給に最適な飲み物として、甘酒は日本人が昔から愛飲してきた酵素飲料なんですね。

酒という名がつくものの、アルコールはほとんど含まれておらず、市販されている甘酒はソフトドリンク(アルコール度数1%未満)に分類されるものが多いため、お子様でも安心して飲めます。
缶入り、瓶入り、粉末やフリーズドライのものが市販されていますし、ミルクスタンドでは「冷やし甘酒」や「甘酒ヨーグルト」などの商品が販売されていたりします。
マクロビオティックをされている方は砂糖の代わりの甘味料として甘酒を使用したりしますし、海外では「ジャパニーズヨーグルト」として親しまれているようですね。

これから蒸し暑い日が増えてきますので、ちょっとバテ気味かなって思ったら、コンビニで栄養ドリンクではなく甘酒を買って飲むと、栄養と酵素が一気に取れると思いますのでおススメです。
甘酒が苦手な方は、もちろん当サイトでおススメしている酵素飲料をお飲みくださいね。

おススメの酵素飲料はコチラ

コメントを残す

このページの先頭へ