消化酵素アミラーゼについて

皆さんは、アミラーゼと言う消化酵素をご存知ですか?
別名でジアスターゼとも呼ばれていて、膵液や唾液に含まれている消化酵素です。
グリコシド結合を加水分解することでデンプン中のアミロースやアミロペクチンを、単糖類であるブドウ糖や二糖類であるマルトースおよびオリゴ糖に分解する酵素群の総称です。

人の体内では主に、膵臓、耳下腺(唾液腺)から分泌されますが、ダイコンやカブ、ヤマイモにも多く含まれているため、経口摂取も出来るので、当サイトのランキングで紹介している酵素飲料にも多く含まれています。
そのため、胃腸薬、消化剤として市販もされていて、胃もたれや胸焼けの治療、防止に服用されています。
お餅などを食べるときに、大根おろしを添えるのも、これらの効果を期待してのことなんですね。

アミラーゼは消化酵素のため、当然不足すると、食べたものの消化や吸収に影響が出ます。
ご飯などの炭水化物を糖にまでしっかり分解できず、体内に取り入れることができなくなってしまうため、消化が進まず体がエネルギー不足になってしまいます。
また、血液中にも分解されないままの糖が存在することになり血流が悪くなってしまうので、様々な症状の要因となってしまいます。
ほかにもアミラーゼ不足が原因とされている症状として花粉症やアトピー性皮膚炎、じんましんなどのアレルギー症状知られていますので、アレルギーをお持ちの方は一度アミラーゼ不足を疑ってみるのもいいかもしれません。

食事によってアミラーゼ不足を補う場合、だいこん、山いも、かぶ、もやしなどに多く含まれていますので、これらの食品をメニューに取り入れて頂きたいのですが、加熱するとアミラーゼが働かなくなってしまうので、できるだけ生のまま食べるのがおすすめです。

一方、アミラーゼは消化酵素ですから、アミラーゼそのものの過剰摂取については特に心配はありません。
ただ、性膵炎、慢性膵炎、膵のう胞、膵臓がんといった膵臓疾患によって体内で分泌されるアミラーゼ値が高くなることがあるため、健康診断などでアミラーゼ値が高かったときは、念のためこれらの疾患の検査をするようにして下さい。

大根おろしを使ったダイエットなどでここ最近、改めて注目を集めているアミラーゼですが、生食が基本となるため、日常的に摂取するのは意外と大変です。
当サイトのランキングで紹介している酵素飲料を使えば、毎日手軽にアミラーゼを含む酵素を摂取することが出来るので、ぜひ一度お試しください。

コメントを残す

このページの先頭へ