生命活動に「酵素」がなくてはならない理由

「代謝酵素が十分に得られないと、健康状態が損なわれ、病気を引き起こす大きな原因になる」ということは、近年になってわかってきたことです。
数多くの代謝酵素が存在することによって、私たちの身体の老化は抑えられ、病気やケガをもとの正常な状態に回復させてくれる仕組みも解明されてきました。
代謝酵素の役割をざっくりとお話しすると、体の各機関が正常に働き役割を果たすにはエネルギーや様々な成分が必要なのですが、各機関にエネルギーを届けるのをサポートしたり、たんぱく質などの成分を生成するのをサポートするのが、代謝酵素の役割です。

そして代謝酵素が正常な活動をするためには、身体に摂りこんだ栄養素を正しく消化、吸収することで生み出されたエネルギーが必要になります。
そこで、私たちは生きていくためのエネルギーを得るために食事をします。
しかし、単純に食事をしただけでエネルギーになるかといえば、そうではありません。
口から摂り入れた栄養素を適正に分解し、消化し、吸収しなければ、必要なエネルギーには還元できないのです。

そのため、「栄養素を分解、消化、吸収、エネルギーに変える」ための作業(触媒)をこなしているのが、もうひとつの酵素(=消化酵素)です。
代謝酵素が万全に働くために、消化酵素はなくてはならない存在です。
この消化酵素が余裕をもって活動できるような状況にしてあげることが何よりも大切なのです。

そしてもう1つ、ここに加わってくるのが、食物酵素です。
生の野菜や果物・お刺身、さらあには納豆や味噌などの発酵食品、そして酵素飲料に含まれる食物酵素は、消化を助け、体内の消化酵素の無駄遣いに歯止めをかけてくれます。
そのため、消化酵素や代謝酵素が十二分に体内で働けるようになり、結果として健康的になり、いつまでも若々しくいられるようになり、痩せやすい体質にもなってきます。

このように、人が日々kん港に過ごしていくためには、酵素は絶対に欠かすことのできないものなのです。
にも拘わらず、酵素は加齢とともに体内で生成される量が減少してしまうものでもあります。
そのため、日々の食事で生の野菜・フルーツやお魚、発酵食品や酵素飲料を摂取して、食物酵素をしっかり補給し、消化酵素・代謝酵素が無駄に使われてしまうことが無いように、する必要があるんですね。
もちろん、暴飲暴食して、消化酵素を大量に使ってしまうなんていうのはもってのほかです。
腹八分目を心がけて、質のいい食事を摂るようにしましょうね。

コメントを残す

このページの先頭へ