様々な酵素:ペプシン

ペプシンはタンパク質・ペプチド鎖の酸性アミノ酸残基(アスパラギン酸やグルタミン酸)-芳香族アミノ酸残基と続く配列のC末端側を切断することができる酵素です。
胃の中でタンパク質を分解することで、体内に吸収しやすくする役割を担っています。

ペプシンは不活性型な前駆体であるペプシノーゲンとして胃底腺の主細胞で作らます。
これが塩酸を含む胃液中に分泌されるとpHの低下で立体構造が変化し、N末端側のプロ配列を二段階のプロセッシングで切り落とすことによって、活性型のペプシンとなるほか、活性化されたペプシン自身もペプシノーゲンに作用し、これを活性化する。
一度活性化されたペプシンは中性・アルカリ性の条件下では不可逆的に立体構造が変性し活性を失うため、十二指腸の粘膜は重炭酸イオンにより胃酸を中和するとともにペプシンを不活性化することで、ペプシンによって自身が分解されるのを防いでいる。

ところで、胃の役割には以下のようなものがあります。

  • 強酸性によって、細菌を死滅させる。
  • 強酸性によって、タンパク質を変性させて分解しやすくする。
  • ペプシンによって、タンパク質を分解する。
  • 一部の栄養素(ビタミンB12)などの吸収を促進させる。
  • 数時間程度の食品の貯蔵庫

このように、胃は摂取した食品を、栄養素として吸収する際に非常に重要な器官なんです。

ところが、ストレス等によって大切な胃に穴が開いてしまったり、潰瘍が出来てしまうことがあります。
これは、自律神経のバランスが崩れてしまい粘膜の分泌が弱くなったりしてペプシンに対して適切な防御が出来なくなり、胃の細胞が分解されて胃に穴が開いてしまったり、炎症が起こってしまう状態(胃潰瘍)になってしまうのです。

また、ロキソニンやイブプロフェンなどの非ステロイド系消炎鎮痛剤 (NSAID) を服用すると、粘液を分泌させるプロスタグランジンと呼ばれる物質が少なくなってしまい、防御因子が足らずに胃痛や胃潰瘍などの副作用が生じてしまう原因となりますので、服用には注意が必要です。

このように、ペプシンは体の中で重要な役割を担っている一方で、体が弱くなってしまったときには一転して体を傷つけてしまうこともあります。
ストレスなどで胃が痛いと感じたときは、無理をせず体を休めること、特に胃腸を休めてあげるとともに、ストレスの原因を取り払ってストレスフリーな生活を出来るように普段の生活を見直すようにして下さいね。

コメントを残す

このページの先頭へ