人体のこの生理的リズムに逆らってはいけない

「酵素栄養学」では、1日24時間を大きく三つに分割した生理的リズムが存在すると考えています。
前回、「睡眠不足は「酵素」の大敵です」でお話したように、「代謝」の時間にゆっくり睡眠をとることが大切なのは、本来人体がもつこの生理的なリズムを崩さないようにするためです。
そして人体の生理的リズムにそって行動することは、健康維持にもつながります。

まず、午前4時から正午までは三つに分割した生理的リズムのうちの「排世」の時間に当たります。
睡眠中には大量の汗をかくと思いますが、これは「排世」の作業がおこなわれているからです。
目が覚めたらすぐに排尿するのも「排世」のせい。
しばらくして便意をもよおすのも「排世」の時間帯だからです。

午前中の汗、尿、便は、身体に蓄積した疲労物質や毒素、老廃物を体の外へと出してしまう大切な作業。
これによって身体が浄化され、健康を維持できるのです。
生理的な「排世」の時間帯に、排便をおこなうのが、本来は自然といえますので、朝起きてから午前中のうちに排便を済ませている人は健康的な生活を送れているといえるのかもしれませんね。

つぎに正午から午後8時までがは三つに分割した生理的リズムのうちの「栄養補給と消化」の時間です。
消化酵素が活発に働き、食べた食品を片っ端から消化していきます。
人は本来この時間帯に食事をすべきであり、この時間に摂取した食品の栄養が体を動かすエネルギーとなりますから、お昼ご飯、晩ご飯がとても大切だということがわかりますよね。

そして、先ほども述べたように、午後8時から翌朝の4時までが「吸収と代謝」の時間ということになります。
8時までに食べ、消化した食材の栄養を吸収し、代謝する時間となります。
したがってこの時間はしっかり体を休め、腸にしっかり仕事をしてもらう時間になるので、この時間帯に入浴や睡眠を取ることが必要だということを知っておく必要があります。

睡眠不足の例にもあるように、この3つの生理的リズムを崩すような毎日では、とても健康体や長寿を望むことはできません。
たとえば、深夜など、極端に遅い夜食は消化不良の原因になります。
本来は「代謝」のための時間で、代謝酵素が活発に働いていなければいけないのに、食物が体内に入ってくると、休んでいるべき消化酵素までが、活動しなければならなくなります。
これではまったく酵素のムダづかいとなり、代謝にまで酵素が回らなくなってしまいます。
その結果、代謝がおろそかになるため、寝ても寝ても眠たいという「寝足りない状態」になり、一日中、慢性的な疲労状態となってしまうわけです。

コメントを残す

このページの先頭へ