「消化酵素」と「代謝酵素」のふしぎな関係

体内で生産される酵素は、主に「消化酵素」と「代謝酵素」のふたつに分類されます。
「消化酵素」は読んで字のごとく、摂った食物を消化する役目の酵素です。
そして、消化酵素以外の酵素がすべて「代謝酵素」になります。

「代謝」とは、すなわち同化(消化、吸収)と、異化(エネルギー消費、排世)など、体内で起こる連続した化学反応のことです。
人の身体のすべての器官、組織のなかには、各々独自の働きをする代謝酵素が存在します。

心臓、脳、肺、消化器官である胃や腸などにも、それぞれにふさわしい役目の代謝酵素が無数にあります。
血液を運ぶ動脈内にも、100種類近くの代謝酵素があるといわれています。
じつは、老化を抑え、健康体でいられるのも、各器官に存在するこれら代謝酵素のおかげなのです。

消化酵素、代謝酵素ともに、生命活動にはなくてはならない存在ですが、重要なことはこのふたつの酵素のバランス関係です。
もともと体内で生み出される酵素は、「潜在酵素」と呼ばれ、「消化」 「代謝」のふたつの機能を持ち合わせています。

先ほど、「一生涯で生産される酵素の量は決まっている」と述べましたが、同時に一日の生産量も、ほぽ決まっていると考えられています。
ここが、重要なポイントです。
「一日に生産される酵素量が一定だと仮定」したときに、いかに消化が重要かということがわかるでしょう。

一日に生産された一定量の酵素のうち、消化を円滑におこなえる「消化酵素」が少量ですむならば、大半が「代謝酵素」にあてられるわけですから、人は健康な状態を保っているといえます。
逆に消化が悪く、「消化酵素」 が大量に消費されてしまうときは、「代謝酵素」に回る酵素は当然少なくなり、体は老化する方向に進んでしまいます。

また、消化に時間がかかってしまった場合も、「代謝酵素」が「消化酵素」の援軍に回るため、その働きがおろそかになります。
こうして、身体が「代謝不良」となり、人をあらゆる病気にかかりやすい状態にしてしまうのです。

適正な量の消化酵素が万全に働いて、消化を確実におこない、消化、吸収によって体内に得られた栄養素を活用することで代謝酵素が活発に働く、これがもっとも健康な状態ということになります。
「消化がよければ、代謝もよい」というわけで、ダイエットにも効果的と言えます。

どうしても暴飲暴食などで消化に酵素が多く使われてしまうという場合は、酵素飲料を飲むことで食物酵素が消化酵素の負担を軽くしてくれますので、食べ過ぎたら酵素飲料を飲むというのもおススメの方法です。

コメントを残す

このページの先頭へ