酵素ファスティングのポイント

一度体内をリセットし、内臓を休ませる「ファスティング」。
代謝と免疫をあげ、美痩せ効果を発揮します。
しかしながら、ファスティング初心者から上級者まで同じやり方でいいのかというと、そういうわけではありませんので、ここではいくつかのやり方を紹介します。

朝食を1回抜くだけの半日断食コース

1日の食事の中で、朝食を1回抜くだけ。
前日の夜7時までに夕食を済ませて、翌日の昼まで食べないプチ断食です。
夜寝てから昼までの断食なので、初心者でも比較的やりやすいうえに、胃腸が休まって代謝酵素の温存に役立ちます。

朝・昼・夜のフルコース 1日断食コース

週末の1日だけ、1日三食をすべて酵素飲料に置き換える断食にチャレンジ。
どうしてもお腹が空いてしまうときは、リンゴなどのフルーツや梅干しを1個だけ食べましょう。
質の良いミネラルウォーターなどを10杯以上飲むことも忘れないでくださいね。

本格的 2日半断食コース

金曜日の夜から月曜日の朝まで行う、週末を利用した丸2日半の本格的な断食です。
金曜の夜ごはんから月曜の朝ごはんまで、計8食をすべて酵素飲料に置き換えてください。
体内の毒素を一気に排出してしまってください。
ただし、このコースは月に1回までにするようにしてくださいね。

ファスティングを行うときに気を付けること

  1. 良質な水分を十分に摂る
    ファスティングを成功させるポイントは、ミネラルウォーターなどの良質な水を1日10杯以上、たっぷりと飲むこと。
    代謝が上がり、体内の毒素が排出されます。
  2. ファスティングの前後は胃腸に負担のかからない食生活を
    前日の夕食は出来るだけ酵素の多い生野菜や果物を中心に、断食後の2食も加熱食は避け、生ジュースや生野菜サラダ、すりおろし野菜など消化の良いものを食べましょう。
  3. 好転反応と対策
    酵素ファスティングを行うことで、頭痛や吐き気、下痢、食欲不振などの症状が出ることがあります。
    これは「好転反応」といって、体がよくなっている証拠。
    一時的な症状で次第に治まりますが、無理は禁物です。

コメントを残す

このページの先頭へ