酵素ファスティングのススメ

「生野菜、果物中心の食生活への改善」「酵素飲料の利用」とともに、私がおこなっているのが定期的なファスティング(半断食)です。
胃腸の調子が悪くなることもあるが、とくにこれといった病気ではない人、いわば健康な人が、たまに短期間のファスティングをおこなうことは、体内の毒素排出、免疫向上、内臓の休息、酵素温存のために、たいへん有効です。

ファスティングを日本語でいえば、水のみを摂取する「断食」ですが、私は、少量の食事を摂る「半断食」=酵素ファスティングをおススメしています。
身体に無理をさせないためです。

以下にじっさいにすすめているショート(短期間)ファスティングを3種類紹介します。
これは一般の家庭でもできることですから、現在胃腸の具合の思わしくない人は、ぜひ試してみてください。

●Aコース

朝食:
ダイコン・カブ・ショウガおろし(ダイコン8cm角程度、カブ1個、ショウガ3cm角をすべておろしたもの)、ブラックジンガーティー(ブラックジンガーに熱湯を注いだもの)。
ドレッシングは醤油少々、黒酢少々、フラックスオイル小さじ1杯
昼食:
ブラックジンガーティーのみ(梅干し1個入り)
タ食:
朝食とまったく同じ

●Bコース

朝食:
果物一種類(例・リンゴ1個など。)、生野菜3~4種類(例・トマト1個+サニーレタス1枚+キュウリ1本など。ドレッシングはAコースと同じ)、ブラックジンガーティー
昼食:
フラックジンガーティーのみ(梅干し1個人り)
タ食:
生野菜少々とダイコン・ショウガおろし(ドレッシングはAコースと同じ)

●Cコース

朝食:
重湯(白米1合に五穀小さじ1杯、アマランサス小さじ2杯と、昆布、切り干しダイコンを入れて炊いたご飯を、さらに水で炊いて重湯にしたもの。塩少々、梅干し1個を入れる)
もしくは、リブレスープ(リブレフラワー小さじ2杯に熱湯を注ぎ、塩、梅干し一個を入れたもの)のいずれかを選択、ダイコン・ショウガおろし(ドレッシングはAコースと同じ)、ブラックジンガーティー
昼食:
ブラックジンガーティーのみ(梅干し1個入り)
タ食:
朝と同様、重湯、あるいはリブレスープのいずれかを選択。生野菜3~4種類(例・サニーレタス1~2枚+トマト1~2個+タマネギスライス〈適量〉+セロリ1本など。ドレッシングはAコースと同じ)、ブラックジンガーティー

「Aコース」「Bコース」「Cコース」ともに、かなりカロリーを抑えたメニューで、はじめて実践する人はきっと強烈な空腹感を感じることでしょう。
このメニューを3日間くり返します。
毎日の食生活に多少なりとも変化が欲しい人は、1日目「Aコース」、2日目「Bコース」、3日目H「Cコース」というようにコースを変えて実践しても結構です。

このメニューで、酵素ファスティングをおこなうだけで、身体全体の調子がすこぶる快調になります。
たとえば、毎日のように誰かしらとの仕事の打ち合わせがあって、そこで油っこい食事やお酒を飲む機会が多い人、こんな人には土日にファスティングを実践することをすすめます。

月曜日から金曜日の「乱食」はしかたないとして、その分、毎週土日の二日間を酵素ファスティング日とするのです。
リンゴ丸ごと一個、ダイコンおろし(一回約8cmのダイコンをおろす)、おろしショウガ(約2cmのショウガをおろす)。
土日の二日間は朝、昼、晩ともに、食べるのはこれのみです。
お酒もいっさいやめます。

平日の五日間を「邪食・乱食」で過ごし、さらに土日まで悪しき食生活では、確実にガンへの道を歩んでいるようなもの。
痛めつけた胃腸を正常に戻すためにはこれくらいの努力は必要なのではないでしょうか。

酵素ファスティングはガン予防にもつながります。
リンゴ、ダイコン、ショウガのみのファスティングで、体内にある悪いものが全部きれいに流れ出ます。
明けて月曜日には、ふたたびきれいな胃腸に戻っているということです。

コメントを残す

このページの先頭へ