健康になりたければ酵素食ライフ

ここまで、一般の健康な人が家庭でも実践できる「酵素食生活」を述べてきました。
毎日実践するのは面倒なことかもしれませんが、自分で意識しておこなうことが重要です。
慣れてくれば生食中心の少食メニューも案外よいものです。
身体は軽くなりますし、体調も申し分なくなります。
さらに一か月単位で、以下のようにファスティングを組み合わせれば、さらに健康な生活を維持することができるはずです。

その①:
酵素を補える食事メニューの生活を26~28日間続け、残りの3~5日聞を酵素ファスティングにあてる(Aコース、Bコース、CコースどれでもOK。ABC各コースを併用したパターンでも可)という一か月です。

その②:
酵素を補える食事メニューの生活を12~15日間続け、2~4日間の酵素ファスティングをする(その①と同じくAコース、Bコース、Cコースどれでも可。併用パターンも可)。1か月の中間にファスティングを組み入れる方法です。

その③:
酵素を補える食事メニューの生活を6日間おこない、必ずその後1日を酵素ファスティングにあてる(Aコース、Bコース、Cコースどれでも可)。1週間に1回はフアスティングを組み込む方法です。

以上のどれかのパターンにあなたの食生活を改善できれば、体調は万全、健康体になることができます。

日ごろの酵素食メニューの目安は、朝:昼:夕で、生食が9:6:3が理想的です。
これは「朝食は生(生野菜や果物)が9割以上」、「昼食は生が6~7割」、「夕食は生が3~4割」がよいということですが、日ごろの食生活でどうしても難しいということであれば、酵素飲料などを利用して酵素の摂取量を増やすようにしてください。
また、週に1日は肉、魚、卵類がゼロという日をつくるのも効果的です。

コメントを残す

このページの先頭へ