体調が悪いときは断食してみる

風邪などの病気にかかると「体力が消耗していますから、元気になるためには無理してでも栄養価の高いものを食べたほうがいいですよ」とアドバイスする人がいます。

医者のなかにも、このような助言をする人がいます。
しかし私は、この行為はまったくの逆効果だと考えています。

何度も述べるように、消化は膨大なエネルギーを必要とします。
それは一回の食事で、10キロマラソンを走るエネルギーに匹敵します。
食べたあとに眠くなるのは、エネルギーを使い果たした身体が休息を求めているからです(もちろん、だからといってすぐに寝てはいげませんが)。

風邪をひいて食欲もないとき「ムリしても栄養価の高いものを食べよう」と、ステーキなどを食べた日には消化不良になって、腸内が腐敗菌だらけになり、病気が悪化するのは必至です。
私は、病気を治すために代謝酵素をどんどん使っている時期に、消化のための無駄なエネルギーや、体内の酵素を使う行為は避げたほうがよいと思います。

食欲が減退するのは、身体が「病気のために代謝酵素をたくさん使っています。ですから消化酵素はあまり使わないで」 と訴えているからです。
イヌやネコなど動物を飼っていると、彼らが体調が悪いときはけっして何も食べず、できるだけじっとしている光景に出会います。
それは断食によって消化酵素を温存させ、そのぶん代謝酵素を活性化させて、身体の変調を治す術を本能的に知っているからです。

人間も同じです。
できるだけ消化器官に負担をかげないで代謝に務めることが、病気のときの適策だと考えます。
体調が悪いときは、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル(抗酸化物質)などの栄養素が直接摂れるような、消化のよい食品(たとえば生野菜や果物)を少量だけ食べるか、酵素飲料だけを飲むか、もしくは極端な話、動物たち同様、断食してもよいと私は考えています。

「二日間水のみ」という断食なら、栄養学的にも平気です。
むしろ弱った胃腸の休息になります。
病気のときだからこそ「食べる」のではなく、「食べない」に改めること、これも大切な健康法です。

コメントを残す

このページの先頭へ