「消化不良」が起きる9つの原因とは

前章では「すべての病気の原因が消化不良にある」ということを述べました。
逆にいえば、体内できちんと消化がおこなわれている人は、病気にならないということにほかなりません。

しかし、現代人のほとんどは多かれ少なかれ「消化不良」の状態・・・これが現実です。

そして、消化不良が引き金になっているとも知らず、慢性病や生活習慣病、体調不良に悩まされる毎日を送っています。>br />
それはつね日ごろからおこなっている悪しき食生活のせいなのです。

私が考える「消化不良の原因」は以下のとおりです。
さまざまな要因が複雑に絡み合って、あなたを「体調不良」や「病気の第一歩」に誘っています。

  1. 加熱食のみの食生活(もしくは「生食」がきわめて少ない食生活)
  2. 深夜に食事をする習慣がある。食べてすぐに寝る。慢性的な睡眠不足
  3. 毎回の食事が過食(食べすぎ傾向)
  4. 朝食をしっかりと摂る習慣がある(朝食にご飯やパン、卵やハムなど加熱調理した固形物を摂る)
  5. 肉、魚、卵、牛乳など動物性食品や低繊維食の摂りすぎ
  6. 白砂糖(ショ糖)を使った菓子類全般(和、洋、スナック菓子、アイスクリーム、チョコレートなど)の摂りすぎ
  7. 化学薬剤の長期にわたる摂取と、タネ(豆)を生で食べる習慣
  8. 酸化した油脂、トランス型油脂(マーガリンなど、人工的につくった油)を使った食品の摂取。その他脂肪の摂りすぎ
  9. アルコール類の過剰摂取と喫煙。ストレス

1~9まですべて当てはまるという人は、相当に不健康な状態のはずです。
今はなんでもないと思っていても、いつ身体の異常を訴えてもおかしくはない状態だといえます。

この章では、今あげた原因のひとつひとつについて「どれだけ体に悪いことなのか」 「続けていけばどんな状態になるのか」をくわしく解説します。

あなたが「健康で、病気知らず、長寿」を願うなら、今すぐにこれらを改善する必要があります。
実行に移すだけで、1週間から10日後には必ず、あなたの身体によい変化が現れてくると思います。

とにかく実践あるのみです。

コメントを残す

このページの先頭へ