青菜ベースの酵素飲料レシピ

ほうれん草

青菜には、βカロテンやビタミンC、鉄分、カルシウムなどが豊富なので、高血圧の予防や骨粗鬆症予防、整腸・利尿作用、貧血予防などの効能があると言われています。


ほうれん草+りんご+パセリ+レモンの飲みやすい酵素飲料

レシピ

ほうれん草

ほうれん草:100g(J)50g(M)

りんご

りんご:1個(J)1/2個(M)

パセリ

パセリ:5房(J)2房(M)

レモン

レモン:1個(J)1/2個(M)

水

水:100ml(M)

はちみつ

はちみつ:大さじ1(M)

(J):ジューサー、(M):ミキサー

酵素ポイント

りんご:
食物繊維のペクチンが豊富で、腸内環境を改善します。

パセリ:
βカロテン、ビタミンC、ビタミンB1、B2などが豊富で、疲労回復、利尿効果があります。

作り方

  1. ほうれん草は根を切り落とし、リンゴは4~8等分にして芯と種を取る。
    レモンは皮をむいて、種を取り除く。
  2. ①をジューサーをかける。
    ミキサーの場合はすべての材料を入れて撹拌する。

小松菜+パイナップル+豆乳のトロピカルな酵素飲料

レシピ

小松菜

小松菜:100g(J)50g(M)

パイナップル

パイナップル:100g(J)(M)

豆乳

豆乳:100ml(J)(M)

水

水:100ml(M)

はちみつ

はちみつ:大さじ1(J)大さじ2(M)

(J):ジューサー、(M):ミキサー

酵素ポイント

パイナップル:
ビタミンB1とクエン酸が豊富なので、糖質をエネルギーに変えるのを促し、代謝を上げます。

作り方

  1. 小松菜は根を切り落とし、パイナップルは皮をむいて芯を切り落とす。
  2. ①をジューサーにかける。
    豆乳、はちみつを加えて混ぜ、ミキサーの場合はすべての材料を入れて撹拌する。

チンゲン菜+キウイフルーツの甘酸っぱい酵素飲料

レシピ

チンゲン菜

チンゲン菜:200g(J)100g(M)

キウイ

キウイ:3個(J)2個(M)

水

水:100ml(M)

はちみつ

はちみつ:大さじ1(J)大さじ2(M)

(J):ジューサー、(M):ミキサー

酵素ポイント

キウイフルーツ:
ビタミンCの含有量は果物の中でもトップクラス。
果肉が黄色いゴールデンタイプも同様の効果を持ちます。

作り方

  1. キウイは皮をむき、半分に切る。チンゲン菜は根を切り落とし、縦に割る。
  2. ①をジューサーにかける。
  3. ②にはちみつを加えて混ぜ合わせる。ミキサーの場合はすべての材料を入れて撹拌する。

青菜ベースの酵素飲料は酵素の量が豊富ですし、いろんな種類があるので、ぜひ毎日で飲みたいところですが、作る手間がかかるので毎朝作る時間が無いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方には、ビンから注ぐだけで飲むことが出来る酵素飲料が手軽に飲むことが出来るのでおススメです。

おススメの酵素飲料はコチラ

コメントを残す

このページの先頭へ